水彩画の展示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/--(--) --:--:--

古道具屋の思い出

furudougu.jpg


2011/7/2

泉教室で、児島の古道具屋へ、womb行ってきました。



銀行を改装したというだけあって、大理石の玄関に続く広々とした空間、重厚な雰囲気が漂っています。



初めて見た義手に惹かれました。

かなり重いので、これを着けると、肩が凝るのではと思います。ひょっとしたら見本、観賞用の義手かもしれません。




灯台風の灯りに照らされた、かなり年季の入った木製の馬、横顔がとても凛々しくて、この店の一番いい場所を確保しています。




お店のあちこちに飾ってある手作りの時計、役目の終わった銀行の中で静かに時を刻んでいます。

古い辞書?や昔の木製道具入れを利用したマニアックな時計は必見です。



時が泊まったような、すべての時代を優しく包み込んでいるような、そんな不思議な空間を表現できたらと思い、珍しく,早々と仕上げました。



義手は、ちょっとした貴婦人のイメージです。





CIMG3594.jpgCIMG3597.jpgCIMG3606.jpg
徒然日記 | トラックバック(0) | コメント(4) | 2011/07/12(Tue) 07:50:07

コメント

お店の古い感じ、店内の暗い感じが両方表現されていて、この絵もかりこさん代表する1枚となりました!
【2011/07/19 15:13】 URL | 泉 #d3xRQPUk[ 編集]
塗り上がりましたね~
う~ん、色合いが素敵です!
穏やかな色ですね

貴婦人の手ですか~
この手、確かに惹かれますね
触れてみたい~・・・そんな感じ(笑)

色んな物がいっぱいあった古道具屋さん・・・うま~く画面に詰め込まれましたね
惹かれたもの、お店の顔の木馬、銀行・・・古時計は外せない・・・
かりこさんは、きっと旅支度がお上手なんでしょうね
な~んてね(笑)

【2011/07/20 13:54】 URL | おだやか #-[ 編集]
泉先生

ありがとうございます。

描きたいものがたくさんあって、選択するのに困りましたが、義手と、馬に絞って描きました。
本当は時計をもっとたくさん描きたかったです。
このお店は、時計がコンセプトのように思います。
【2011/07/22 18:32】 URL | かりこ #-[ 編集]
おだやかさん

本当に珍しく約1週間で、仕上げました。
うん、ウンうなりながら、悩みながら塗りました。

やっぱり自分の絵なので、気兼ねなく、好きなように塗れました。

おだやかさんのはもう完成したでしょうか。

カードにして、送りますね。

先生もほめてくれたし、かりこさん会心の作です。
【2011/07/22 18:38】 URL | かりこ #-[ 編集]
↑top

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

↑top

トラックバック

↑top
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

かりこ

Author:かりこ
2005年の春に図書館で見つけた永沢先生の本がきっかけで泉教室に入門、自分の存在を主張する手段として絵が描けることに日々感謝しています。
時々、落ち込みますが Go ahead !
どうぞ見てくださいね

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

INFORMATIONS

管理者ページ
RSS1.0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。