水彩画の展示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/--(--) --:--:--

阿倍野から京都、難波でウロウロ

20071213.jpgCIMG0221.jpg



阿倍野から京都、難波でウロウロ 2008/1/19


阿倍野でやってるdenizuさんの個展へ行って来ました。
まずはコメディナンバイワンさんの玄米インドカレーで腹ごしらえ、次に夢かんさんで温かいおおそばを頂きました。
レトロな、どこか懐かしい気配のする彼女のスケッチとおいしいおそばでせまい店はお客さんで一杯、満員御礼です。

次に隣の赤いカーテンの金魚カフェへ移動
ここは、戦前の場末の妖しい喫茶店という雰囲気で、売れない画家や小説家、、プロレタリアートたちが集うようなタイムスリップしたようなそんな不思議な空間です。
写真は金魚鉢に入ったクリームソーダとしょうが紅茶

翌日は京都の相国寺 承天閣美術館http://www.shokoku-ji.or.jp/で開催中の禅林文化展に行きました。
ここでは金閣寺に飾られている伊藤若冲の葡萄と芭蕉の障壁画Image1-62.jpg
や、丸山応挙の鶴が群れ遊ぶ壁一面の屏風などを鑑賞しました。
お客さんがチラホラな割りには、設備は立派で トイレもきれい、展示室には大きなソファーもおいてあり、お大臣気分でゆっくりとみることができました。
ここはお薦めの穴場スポットかもしれません。
CIMG0232.jpg

昼からは難波に帰り、denizuさんに教えてもらったお茶しながら本が選べる本屋さんに行ってバスの発車時刻まで一服
雨に降られて寒かったので、温かい具沢山のスープとケーキを頼み、玄米生活関連の本を漁りました。
ビル丸ごとスポーツショップで有名なスポーツ高橋の目と鼻の先にあるこのお店、お気に入りのお店がまた一つ増えました。

スポンサーサイト
徒然日記 | トラックバック(0) | コメント(10) | 2008/01/22(Tue) 18:07:42
12 | 2008/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

かりこ

Author:かりこ
2005年の春に図書館で見つけた永沢先生の本がきっかけで泉教室に入門、自分の存在を主張する手段として絵が描けることに日々感謝しています。
時々、落ち込みますが Go ahead !
どうぞ見てくださいね

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

INFORMATIONS

管理者ページ
RSS1.0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。