水彩画の展示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/--(--) --:--:--

八朔の馬の台の再現料理 (色つき)と京都みやげ

Image1-124_edited-1.jpg Image1-125_edited-1.jpg

 再現料理 2008/9/6 F6    京都みやげ 2008/10/18 F6


鞆の浦の八朔の馬の台の再現料理の色塗りが完成しました。

手前が赤飯のついた、冬瓜尽くしの料理、後方が食紅の色も鮮やかな、八朔まんじゅうです。

後ろの建物は、早朝に1時間かけた鞆の津の商家の屋根部分です。

白い部分が多いせいか、珍しく爽やかな仕上がりになりました。



右側は泉教室で描いた、京都みやげ

先生はバックを、鳩居堂の包み紙にして、渋く 仕上げていましたが、

さてどうしようか 妄想はふくらみます。

スケッチ | トラックバック(0) | コメント(2) | 2008/10/24(Fri) 07:56:04

コメント

ちょっと今までのとは一味違う、夏らしい海の町らしい絵に仕上がっていて、でもペンスケッチのどっしり感はいつもと同じ。とにかく、静と動がうまく表現されている絵だと思いました!!!
【2008/10/28 13:43】 URL | #d3xRQPUk[ 編集]
泉先生

ありがとうございます。

私にとってもお気に入りの1枚になりました。

やはり丁寧な線描きが大事なんだと、痛感した1枚でもあります。
【2008/10/28 17:44】 URL | かりこ #-[ 編集]
↑top

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

↑top

トラックバック

↑top
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

かりこ

Author:かりこ
2005年の春に図書館で見つけた永沢先生の本がきっかけで泉教室に入門、自分の存在を主張する手段として絵が描けることに日々感謝しています。
時々、落ち込みますが Go ahead !
どうぞ見てくださいね

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

INFORMATIONS

管理者ページ
RSS1.0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。