水彩画の展示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/--(--) --:--:--

夜行バス  出発しま~す

Image1-153_edited-1.jpg

2009/5  F8  WF


メルヘンバスの色塗りが完成しました。

ライトを点灯させて、夜行バスにしてみました。

バスは年代物なので、1階と、2階がバラバラに出発しそうです。

背景はムギナデシコの花畑です。

百合が妖しく咲いています。


可愛いメルヘンバス のつもりだったけれど、やっぱり、妖怪バスっぽくなってしまいました。
未分類 | トラックバック(0) | コメント(12) | 2009/06/01(Mon) 08:01:24

コメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/06/01 17:03】 | #[ 編集]
おぉ、これは、、猫バスが変身したような、
ちょっと怪しい夜行バスですね、

行き先不明でも、乗ってみたいかな(笑)、、
 
【2009/06/01 19:11】 URL | さぬきのトトロ #-[ 編集]
これはこれは、やっぱりね~、かりこさんらしさが前面に~。
あの可愛い赤いバスはどこへ~。
でもさ、かりこさんは自分を貫いていますよね。
いつもすごいって思います。
行き先不明の妖しい夜行バス!乗ってみたいですよ~!
人生一度は乗ってみなくっちゃ。(笑)
是非ぜひ次回、原画を見せてくださいね。楽しみにしています♪
【2009/06/02 09:48】 URL | おだやか #-[ 編集]
やっぱり、百合の花より、妖怪バスの方が気になりますね。

バスの側面に影を入れて、窓ガラスに特殊効果?を施したせいかもしれません。


【2009/06/02 12:28】 URL | かりこ #-[ 編集]
さぬきのトトロさん

はじめは猫バスをイメージしてましたが、どちらかというと、ハリーポッターに出てくる、通行場所に合わせて大きくなったり小さくなったり、分離したり出来る魔法のバスといった雰囲気でしょうか

【2009/06/02 12:36】 URL | かりこ #-[ 編集]
おだやかさん

「かりこさんは自分を貫いていますよね」

落ち込んでる私には最高のほめ言葉です

ありがとうございます。

自分の描いた妖怪バスか、千と千尋に出てくる海の上を走る電車に乗り込んで、どっか
遠いところへ行きたいです。
【2009/06/02 12:48】 URL | かりこ #-[ 編集]
ごめん!ごめん!
ゆり!
ゆりですよ!
前面は百合ですから!

おっと百合を見る前に赤いバスと、バスから漂う妖気に惹きつけられてしまいました。
全然ゆりを見ていませんでした。
いや~美しい百合です!
百合だけ見ると、本当に美しい百合です!
全体で見ると、やっぱ妖しい!かな。(笑)ステキです!
【2009/06/02 16:59】 URL | おだやか #-[ 編集]
おだやかさん

百合の花はピンクとクリーム色がありましたね
ピンクはフリフリの豪華なドレスを着ているような華やかで、スターのような百合でした。
それにくらべると、目立ちませんが、
やはり清楚に咲いていたクリーム色が、なんとも言えず上品でしたよ。
まるで、ガラスの城に出てくるイサドラとマリサのようです。
ずいぶん古い少女コミックですが・・・・

【2009/06/02 19:00】 URL | かりこ #-[ 編集]
バスを待って、傘をさしている茶色の尻尾のお方に目が行ってしまいました。
百合の花がとっても綺麗です。
【2009/06/02 23:55】 URL | 夢子 #-[ 編集]
尻尾のお方は、山猫の車掌さんです。

夜なのに、夜行バスなのに、なぜか日傘をさしている、う~ん、謎ですねぇ

動物さんたちは、あちこちの絵本から登場していただきました。
実物がないと描けないもんで・・・・
【2009/06/03 18:27】 URL | かりこ #-[ 編集]
バスの赤と百合の白が絶妙です!!バスはまだらに塗ってるので古臭さと怪しさが全開です^0^中に乗ってる動物たちも気になるし・・・早く原画みたいです!!
あ~私の北海道スケッチはかりこさんに比べてなんて平凡なんだ~^0^
【2009/06/04 10:07】 URL | #d3xRQPUk[ 編集]
泉先生

お帰りなさい。
お花畑満開の美瑛でスケッチなんて、とってもうらやましいです。

いつかスケッチ旅行で、美瑛を企画してもらいたいです。

なぜバスが怪しいのか、先生の解説で
本人も納得しました。
新しい発見です。
【2009/06/04 11:38】 URL | かりこ #-[ 編集]
↑top

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

↑top

トラックバック

↑top
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

かりこ

Author:かりこ
2005年の春に図書館で見つけた永沢先生の本がきっかけで泉教室に入門、自分の存在を主張する手段として絵が描けることに日々感謝しています。
時々、落ち込みますが Go ahead !
どうぞ見てくださいね

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

INFORMATIONS

管理者ページ
RSS1.0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。