水彩画の展示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/--(--) --:--:--

なすび畑 の 夜

Image1-164_edited-1.jpg


2009/9/24  F8 FW

お盆休みの早朝、3日連続スケッチしてた、うちのなすび畑の絵がやっと完成しました。


普通のなすびと、今年初めての長なすの2種類を植えましたが、長なすは思ったより柔らかく、わが家の食卓にたびたび登場することが出来ました。

お利口な、なすび君たちです。


早朝のなすび畑には、虫たちもたくさん潜んでいました。

バッタに青虫、それと1センチ四方の背中にきれいな模様を背負った黄緑色の虫 あんまり小さいので拡大してみました。


なすび畑の背景は、ちょうどお盆の最中だったので、早朝スケッチですが、月のきれいな夜、灯篭に彩られたお墓にしました。


きつねさんも、ご先祖様のお墓参りにきたようです。


さてさて、みんな同じような四角いお墓ばかり、彼の目指すお墓は見つかるでしょうか




スケッチ | トラックバック(0) | コメント(6) | 2009/09/24(Thu) 21:20:31

コメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/09/25 17:15】 | #[ 編集]
子供の頃はなすびは、きらいでしたが、今は大好きです。特に油で揚げるとおいしいですね

見た目にもつややかで、美しいので、いつかなすびを描こうと思ってました。

なすびの紫、何十回も塗りました。
【2009/09/25 18:02】 URL | かりこ #-[ 編集]
素晴しいです!
この、ねこじゃらし!
こんなに上手く描けるなんて、凄いです。
描いてみようかな~と思うのですが、手が出ませんでした。
そっか~、こういうふうに描くんですね。

えっ、違うって?ねこじゃらしじゃあないって!
そっか~、分かっていますよ「なすび」です。(笑)
色艶良くて、今が一番いい!
小さいカメムシ3匹と大きいのを1匹見つけましたよ~。
真ん中上の葉っぱの向こうはバッタですか?
お墓にキツネとくれば彼岸花ですが、やっぱここは百合が正解ですよね。
おだやかな顔のお月さんとは対照的に、なすびの妖艶さがいい!
いけてますね~。
かりこさんらしさを感じさせていただきました。
ありがとうございました。
【2009/09/26 20:39】 URL | おだやか #-[ 編集]
ありがとうございます。

あの小さな虫はカメムシだったんですね

背中の模様はホントにきれいです。、色もカメレオンのように、泊まってる物と同じ色になるのかもしれません。
紫っぽい色のカメムシもいましたから。




我が家のなすびは、一時成らなくなってましたが、最近になって、再び勢いを取り戻し、モリモリ、成り始めました。
やはり人間と一緒で、しばらく静養したら元気になったのかもしれません。

真ん中の月光に照らされてるのは、バッタ君です。
彼らは触らない限り、朝から晩まで同じ場所で、じっとしてるようです。
辛抱人です。
【2009/09/28 18:07】 URL | かりこ #-[ 編集]
ま、まさか、またしても~~という作品!!!!手前のカメムシが最初、何かの顔に見えました、この笑ってるお化けはなんだろうって、もうかりこさんの絵の中に化け物やへんな生き物がいても驚きませんからね~~^0^ナスを何十回も塗られたかりこさんもかなりの辛抱人です!!!
先日の東京36景もそれはそれはすごかったです!全紙、描こう!って自分は思いはしなかったんですけどね、あれ??かりこさん、いつか、ぜひ!?
【2009/09/30 09:01】 URL | 泉 #d3xRQPUk[ 編集]
泉先生、お帰りなさい。

東京はいかがでしたでしょうか。

マダムたちと、ところてんさん、マコチャンとの交流日記
楽しみにしています。

今期、時間に追われて描くことはないだろうと思うので、じっくり取り組むつもりで、F10を1枚描こうかと思ってます。

でも、ナスビもそうでしたが、描いてから、時間があんまり経ちすぎると、塗る意欲が減退するというのも今回発見しました。

何事も新鮮なうちに料理しないといけませんね

【2009/10/03 08:06】 URL | かりこ #-[ 編集]
↑top

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

↑top

トラックバック

↑top
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

かりこ

Author:かりこ
2005年の春に図書館で見つけた永沢先生の本がきっかけで泉教室に入門、自分の存在を主張する手段として絵が描けることに日々感謝しています。
時々、落ち込みますが Go ahead !
どうぞ見てくださいね

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

INFORMATIONS

管理者ページ
RSS1.0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。