水彩画の展示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/--(--) --:--:--

野村 朝霧湖マラソン

Image1-180_20100512085454.jpg

2010/5/2 WF SM
ゴールデンウィークに西予市の野村のほうまで、マラソンに行ってました。

JRで、まずは松山へ、

松山でのお目当ては。伊丹十三記念館です


彼の作品の中では、ホテルとヤクザの攻防を描いたミンボーの女が一番好きですが、彼の作品にいつも強烈なキャラクターで登場する女優の宮本信子さんが館長をなさってるというのもここへ来たかった理由のひとつです。


館内では、彼の製作したマヨネーズや入浴剤のCMも流されていて、懐かしく、そして独特のユーモアとセンスに、ニヤリとさせられます。



彼が愛用していた身の回りの小物たちや、ねこ、彼の映画に出演中の俳優陣などなど、精密なデッサンやスケッチをたくさん描いていること,
またかれのエッセイに登場するシンプルでユーモアあふれるイラストの数々が、彼の手によることを初めて知りました。。
CIMG0057.jpg

お土産の袋や、マグネットにかわいいイラストが使われてます。ちなみに小鳥の絵は彼愛用のレモン搾り器だそうで、カメラ、鍋や、やかんなど、料理通だった彼の愛用品の一つとして、展示されています。

多才な男性は料理も出来るようです。




野村名物 しば餅
こちらの柏餅の半分くらいの大きさで、あんこは塩の効いたこし餡、葉っぱは柏ではなく、サンキライの葉を使うそうです。




Image1-181.jpg
2010/5/4 WF SM

九州行きのフェリーが出る八幡浜にも一泊しました。

八幡浜の町を散策してるときに、八幡さんの境内で見つけた、とてもやさしいお顔の母子像 

神功皇后とお子様の応神天皇だそうです。


翌日の早朝にスケッチ、




その後、魚市場で、鮮魚を物色


かまゆでシラス3パック、アナゴ1っぴき、ほおたれの丸干し、サメの茹でたの酢味噌付

メインは800円の刺身用のイカ、刺身もおいしかったけど、大量の皮と足を煮付けにしたのがコリコリして、おいしかったです。

煮汁で炊いた南京と一緒にお弁当のおかずに変身しました



えっ、タイムはどうかって?

去年より10分遅く 2時間7分48秒 暑かったからねぇ~

ゴール手前で、予定通り、仲間の一人を追い抜けたから、まっ、いいか!

スケッチ | トラックバック(0) | コメント(4) | 2010/05/11(Tue) 12:49:27

コメント

マラソンお疲れ様です!
それにしても、
すっごくたくさん廻ったんですね!
かりこさんタフじゃなぁ。

伊丹十三さん、生きていたらまだまだいい作品を作られたことでしょうね。
彼が絵まで描くなんて知りませんでした。
なんか懐かしい感じです。
【2010/05/12 22:54】 URL | ノエル #DEn/WaYs[ 編集]
パンフレットによると、97年没、享年64歳とあります。

宮本信子さんをヒロインにした作品をもっと作ってほしかったですねぇ。

館内で、宮本さんの挨拶のビデオを見ると、いかに彼の才能を理解し、愛していたかが、よくわかって、あったかい気持ちになります。
【2010/05/13 11:59】 URL | かりこ #-[ 編集]
朝霧は見ることが出来ましたか?

>ゴール手前で、予定通り、仲間の一人を追い抜けたから、まっ、いいか!

あぁ~!やっちゃいましたね!!(^^;
Nさん、凹んでますよ(^^)
来年はご一緒出来るよう精進します(^^)





【2010/05/15 08:41】 URL | Kimiko #-[ 編集]
そうなんです。

庵治でも、丸亀ハーフでもNさんに追いつけなかったんですが、朝霧だけは去年同様、追いつくことが出来ました。

Nさんはどうも坂道に弱いようです。


お弁当のざるソバも、のどを通らないといって、残してましたからね。


野村まで、片道8000円近くかかるので、やはり2,3人集めて車で行く方が、安上がりです。

来年はぜひ、一緒にいきましょう。



霧は乾燥注意報がでていたせいか、見れませんでした。

残念でした。
【2010/05/15 21:32】 URL | かりこ #-[ 編集]
↑top

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

↑top

トラックバック

↑top
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

かりこ

Author:かりこ
2005年の春に図書館で見つけた永沢先生の本がきっかけで泉教室に入門、自分の存在を主張する手段として絵が描けることに日々感謝しています。
時々、落ち込みますが Go ahead !
どうぞ見てくださいね

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

INFORMATIONS

管理者ページ
RSS1.0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。