水彩画の展示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/--(--) --:--:--

銅板画 ドライポイントと、Roses カフェのテラス

CIMG0058_20100519180937.jpg Image1-182_20100516083330.jpg
2010/5/15  WF F8


ところてんさんに誘われて、バラの真っ盛りのRoses cafeでスケッチしました。

ばら好きのお客さんが次々とやってきます。

いつも寒い時期に室内スケッチしてたので、テラスで描くのは初めて、

パラソルの下、眼下に広がる高松市街を眺めながら、のんびりスケッチ。

納得がゆくまで描くつもりで今回は、F8です。


初めは、みどり地獄にあえいでいましたが、今さらながら自分なりにかけばいいんだと気づき、余分なものは省きました。

ママさんが「白黒だけでも、すっごい、きれい~」と言ってくれました。

CIMG0063.jpgCIMG0078.jpg

銅版画の講座に行って来ました。

7センチ四方の銅版が配られ、1回目で、もう初めてのミニ作品の完成です。

どんな風に削ったら、こんな線が出るなんてのが判らないので、手探りでしたが、カビが生えたような、左右反対の珍妙なトウガラシになりました。

ドライポイントは、にじんだような線が特徴らしいです。



初対面なのに、10年来の知己のように気さくに関西弁で分かりやすく説明してくれる先生です。


機会があれば、スケッチしてきます。



次回までに下絵を描いて、トレーシングペーパーで、写しととるとこまでやっとこなくちゃいけません。

スケッチ | トラックバック(0) | コメント(8) | 2010/05/19(Wed) 21:40:00

コメント

ほんと!白黒のままでも十分雰囲気が伝わってきます!何かの図案みたい??この薔薇がどのように色づけして生かされるのか楽しみ~♪
【2010/05/20 09:54】 URL | 泉 #d3xRQPUk[ 編集]
線描きが生かされるように、薄く、うす~く、塗りたいと思います。

テレビなんか見ながらしてたら、すぐ塗り過ぎになっちゃいますからね。

慎重にします。
【2010/05/21 17:25】 URL | かりこ #-[ 編集]
かりこさんのばら、本当に楽しみです。
書き込みが凄い!!
【2010/05/22 11:01】 URL | ゆず #-[ 編集]
すごいーーー
ばらは大好きですが梅雨と炎天下の時期のバラ園はめげていまだ描いてませんが、ここはすばらしいカフェなんですね。
素敵~素敵。ぴんくのばらがかりこさんにかかれば何に変身するのか楽しみです。
銅版画も素敵ですよね。山本容子さんの展覧会に行って彼女のやり方はいきなり銅板に線描きでしたよ~
【2010/05/22 11:22】 URL | あこです #-[ 編集]
ステキです~!
かりこさんの薔薇は妖艶な薔薇ですね!
それにしても描き込まれましたね、線描きだけで美しい~!
薄化粧をしたところが早く見たいです!
えっ!銅版画を始められたのですか!
ここでも、きっとかりこワールドが見られますね。
楽しみです~~~!
【2010/05/22 19:27】 URL | おだやか #-[ 編集]
ゆずさん

写真でも判るように、葉っぱが一杯で、どうまとめようか、最初は悩みました。

苦しみぬいた挙句、

だいぶ省きました。
テヘっ!
【2010/05/24 12:57】 URL | かりこ #-[ 編集]
あこさん

おひさしぶりです。
通った3日間天気は上々でしたが、上にちゃんと、パラソルがあったので、焼けずに涼しく描けました。

ママさんは好きなだけ描かせてくれるし、静かだしほんと、スケッチャにはー天国です。

よければご案内しますよ。

山本容子さんの版画の秘密を探るべく 敵中視察です。

【2010/05/24 13:03】 URL | かりこ #-[ 編集]
おだやかさん

線描きだけでほったらかしになってます。
ダメですね

みなさんの期待に答えるべく、発奮しなくちゃぁ~

銅版画の講座も思い切って申し込みました。
どうなるか分かりませんが、途中経過を報告したいと思います。

【2010/05/24 18:31】 URL | かりこ #-[ 編集]
↑top

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

↑top

トラックバック

↑top
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

かりこ

Author:かりこ
2005年の春に図書館で見つけた永沢先生の本がきっかけで泉教室に入門、自分の存在を主張する手段として絵が描けることに日々感謝しています。
時々、落ち込みますが Go ahead !
どうぞ見てくださいね

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

INFORMATIONS

管理者ページ
RSS1.0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。