水彩画の展示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/--(--) --:--:--

東ヨーロッパの春

Image1-203.jpg
2011/4  F6 WF

泉先生が持ち帰った、東ヨーロッパのお土産の 本スケッチがやっと、完成しました。

CIMG0176.jpg

教室で一緒に描いた方はご存知かと思いますが、最初に間違ってフェリーチエの絵の裏にスケッチしてしまったので、今回のは、家に帰って、写真から全部配置しなおしました。

お墓も骸骨も、多少脚色がありますが、本の中身からのスケッチです。


CIMG0167.jpgCIMG0165.jpg CIMG0172.jpg

ちょっと暗くしすぎたかなと思いますが、下半分はきのこも生えるジメジメした地下の墓地

葬られているのはお姫様?

上は、牛や妖精も出てくる春の墓地という設定でしょうか。

細かいところまで丁寧に塗りました



ちょっと不気味、でもかわいいと感じてくれたらオッケーです。




スケッチ | トラックバック(0) | コメント(4) | 2011/04/06(Wed) 15:04:09

コメント

まさかあの表紙が!あの絵柄が!あのキノコが精密に模写されている!あのガイコツが!
不気味だけどかわうぃうぃ~~~!!!^0^
【2011/04/11 17:30】 URL | 泉 #d3xRQPUk[ 編集]
ありがとうございます。

大切なペン画の裏に、描いてしまった事に気づいた時にはショックを受けましたが、帰ってカメラの画像を見てたら再構築することを、思いつきました。

きのこや花の、連続模様には苦労しましたが、

先生に、『きもかわいい~』と言っていただけると、やり直した甲斐があります。

【2011/04/14 12:59】 URL | かりこ #-[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
【2011/05/08 00:59】 | #[ 編集]
すみません バカ息子のことで東奔西走してたので、すっかり遅くなってしまいました。

ありがとうございます。

王子様もきっと骸骨だろうと思います。

骨まで愛してください。

【2011/07/12 07:46】 URL | かりこ #-[ 編集]
↑top

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

↑top

トラックバック

↑top
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

かりこ

Author:かりこ
2005年の春に図書館で見つけた永沢先生の本がきっかけで泉教室に入門、自分の存在を主張する手段として絵が描けることに日々感謝しています。
時々、落ち込みますが Go ahead !
どうぞ見てくださいね

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

INFORMATIONS

管理者ページ
RSS1.0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。