水彩画の展示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/--(--) --:--:--

人物模写

20070529210141.jpg20070529210248.jpg
20070529210427.jpg20070529210527.jpg20070529210627.jpg

泉教室 人物模写 2007/5 A4

絵に興味のある人も、ない人も、絶対成功するだろう?完全模写です。
 まずお気に入りの写真と、同じ大きさの紙を用意して、2枚共にお好みの間隔で碁盤の線を引きます。初心者は1センチ角でもいいでしょう。
 これで準備OK、後はひたすら一枡ごとに描き写します。
 今回選んだN嬢の場合、顔の部分のみ2センチ角で、後は4センチ角です。一発でわかってもらえると大成功、うれしくなります
今までの主な作品です、メダルおねいさん、すごうであねさんと、硫黄島のおじさまです。全部フリーハンドです。ゆえに苦労しました。
スケッチ | トラックバック(0) | コメント(10) | 2007/05/29(Tue) 16:45:14

コメント

中学の時にやりました。人物模写じゃなく、他の絵の模写で絵の大きさは升の大きさで拡大縮小したような
【2007/05/30 06:46】 URL | 夜櫻銀次 #-[ 編集]
へ~、そうなんですか、人物模写は永沢先生http://www.makoart.com/Hitokoto/hitokotoBackNo-6.htmlの薦めで最近になって初めてやりました。自分の好きな俳優の写真が生き生きとした絵に生まれ変わると、楽しいですよ。ぜひ挑戦してみてください。
銀次さんの好きな俳優は誰なんでしょう
【2007/05/30 10:39】 URL | かりこ #-[ 編集]
え~!フリーハンド!すごく似てますよ!松島菜々子より似てる!ところで、松島菜々子ですよね・・・。
【2007/05/30 11:18】 URL | おだやかなじんせい #-[ 編集]
大当たりぃ~、ちょっときつめの奈々子嬢です。
フリーハンドと言っても、鉛筆で下書きは十分にしました。メダルおねいさんの目が特にむずかしく、書いたり消したりでしまいに、画用紙がささくれてしまいました。ところでおだやかなじんせいさんは誰を選んだんですか?
【2007/05/30 12:16】 URL | かりこ #-[ 編集]
ふっふっふっ。私は、水川あさみという女優さん!カネボウ化粧品のCMをしている人。本当は60代のしぶい人を考えたんだけど、準備出来なかったので。「似てる!」とご機嫌なたけもとさんの隣で、えっ!ジュディ・オング?・・・沈没・・・。先生からの「目を細く~」というアドバイスで、やっとこさ「水川あさみ」にっ!
【2007/05/30 21:19】 URL | おだやかなじんせい #-[ 編集]
竹ちゃんはジュリア、ロバーツでしたね、言われるまで解らなかったけど・・・・・・
水川あさみ、ウ~ン、ん、ん?
原画を楽しみにしてます。
【2007/05/31 07:43】 URL | かりこ #-[ 編集]
私も昨日の教室でやってきましたよー。
あ、頭が痛くなりました。う、ぅ・・・(>_<)
菜々子さん似てますが、フリーで描いたほうがかりこさんの味が出ていて好きです(#^.^#)
【2007/05/31 22:37】 URL | deniz #-[ 編集]
あ、頭が痛くなったってぇ、完全模写はdenizさんの流儀に適さないのかな。
確かに写すだけなので、苦労しませんね、誰が描いても大体同じなのが出来上がったりして、おもしろくないかもねぇ
フム、フム、(- ̄ з  ̄-)
【2007/06/01 17:37】 URL | かりこ #-[ 編集]
好きな俳優は菅原文太さんですね。
女性は富田靖子さんです。飾らない女性が好きです
【2007/06/04 17:08】 URL | 夜櫻銀次 #-[ 編集]
富田靖子さんはわたしも好きです。自然な感じがいいですね、菅原分文太さんは渋いしかっこいいです。声もいいです。千と千尋で蜘蛛爺さんの声をだしてましたね。
【2007/06/04 17:39】 URL | かりこ #-[ 編集]
↑top

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

↑top

トラックバック

↑top
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

かりこ

Author:かりこ
2005年の春に図書館で見つけた永沢先生の本がきっかけで泉教室に入門、自分の存在を主張する手段として絵が描けることに日々感謝しています。
時々、落ち込みますが Go ahead !
どうぞ見てくださいね

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

INFORMATIONS

管理者ページ
RSS1.0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。