水彩画の展示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/--(--) --:--:--

スケッチ日記 花菖蒲

20070702221506.jpg


 花菖蒲 2007/6 WF F6
 
花菖蒲は、アジサイと同じく、ピンク、青、紫 系統の花が多く、きれいな色を出すのに、四苦八苦します。そんな時のお助けマンがドクターマーチンのターコイズブルー、乾くとパレットにへばりつく、しぶとい奴ですが優れものです。色がパッと鮮やかになります。

 中央の濃い紫の花の白い筋は、マスキングと、不透明水彩、ポスカです。
 モナルダは、今回、色に溺れて塗りすぎてしまいました。あの軽やかな愛らしさは何処へやら、  妖気さえ漂ってきそうです。
 色に惑わされず、もっと線を大事にしょうと改めて反省した一枚です。

色塗り前はこちらhttp://blog-imgs-12.fc2.com/s/h/i/shiba49/20070613224202.jpg
スケッチ | トラックバック(0) | コメント(10) | 2007/06/21(Thu) 22:24:02

コメント

いえいえ、その妖艶さがkarikoさんの絵の個性ですから。
どこかに妖怪が隠れていないのかと探しているくらいです(笑)
【2007/06/21 23:45】 URL | KAZ #-[ 編集]
わぁ~素敵!強い色んな色が同居しているのにイヤミじゃあなぁ~い!華やかです!魅せられますね!織物なら西陣織って感じ。うんうん。いいな~。私の伊部の絵は超地味~~になってしまいました・・・まるでおだやかなじんせいって感じ。ちょっと寂しい。(人生じゃあなくって絵が)そうだ!名前を変えてみようかな・・・はげしいじんせいとか。冗談ですよ(笑)泰山木の葉っぱなんて、もう20回位塗りましたよ。これだから一枚仕上げるのに何日も掛かるわけだ・・・。かりこさんは何回くらい塗ると仕上がりますか?
【2007/06/22 08:10】 URL | おだやかなじんせい #-[ 編集]
泉教室、貴重なマスキング駆使者!!空に限らず花の中央部にも使うとは・・・おぬし、なかなかやるなぁ・・
【2007/06/22 09:14】 URL | 泉 #d3xRQPUk[ 編集]
kazuさん
描いてる本人は、《妖艶》 とはまったく無縁なんですけどね、せめて色気でもあったらなぁ、うっふん~

おだやかな人生さん
私も結構、これでもかっていうくらい塗りますからねぇ、はっぱは、何回塗ってもそんなにきつくならないから、気が済むまで何回も塗ってもいいと思いますが、木のこげ茶は、塗りすぎると、ほんとに真っ黒で印刷されるのでほどほどにして、メリハリをつけたほうがいいかもしれません。いつも苦しみながら、悩みながら塗ってます。

泉先生
濃い色の菖蒲の真ん中はマスキングで、剥がしてから、自然な感じになるように、不透明水彩をかすれさせながらヌリヌリしました。
マスキングに甘えてベタベタ塗って濃くなってしまいました。もう少し濃淡を出せば良かったと反省しきりです。
【2007/06/22 12:40】 URL | かりこ #-[ 編集]
はあー なかなか 華やかさが にじんで さすが 建物の色しか考えない
人種とすれば 少し勉強のしなおしを
考えなくては 。
【2007/06/22 22:57】 URL | よっとすきー #-[ 編集]
花を描くのは大好きなんですが、建物となると、図面のようにまっすぐ線をひくわけにもいかないし、かといって、上に行くべき線が少し下へ下がっただけで、ヘンテこリンな絵になってしまいます。遠近法が、身についてる人がうらやましいです。これも数でしょうね。
【2007/06/23 10:52】 URL | かりこ #-[ 編集]
鮮やかな色に圧倒されますが、じっと見てると、ひとつひとつの花びらの動き(流れといったほうがいいかな)がとても美しいですね!
ちなみに…愛用の琉球藍染Tシャツの柄は菖蒲が好きで、今年2枚も買ってしまいました。どうでもいい話ですが(^_^;)
花シリーズ?今後も期待してますね。桔梗とか描いてほしいな…(桔梗ってもう終わっだったっけ?)
【2007/06/23 22:39】 URL | たけもと #-[ 編集]
竹ちゃん
菖蒲柄の琉球藍染Tシャツってあるんですね、今度ぜひ着て見せてください。
桔梗、まかしといてください、うちの庭に毎年咲いてます。もう少しですね。風船のような花の形とスッとした出で立ちは正に日本の花、一輪挿しの女王です。
【2007/06/23 23:08】 URL | かりこ #-[ 編集]
かりこさんへ、初めてのコメント(讃岐弁で)
この花、何か妖艶な色づかいやのー。かりこさんらしいといったらそうやけど、なんかすごいわー。そーやー、あの鎌倉のお稲荷さんのキツネの絵とつながるもんがあるのー。かりこワールドのお花バージョンの極めつけってとこやでー。もっとどんどん描いて僕をメロメロにしていたー。期待しとるけんのー。
【2007/06/23 23:37】 URL | 香川のT #-[ 編集]
香川のTさん
さぬき弁での初コメントありがとう。
さぬき弁大学名誉教授のお梅さんも真っ青ですね、
佐助稲荷と結び付けるとは鋭い観察眼です。
あんさんも色塗り、がんばりまいのぉ~
【2007/06/24 12:44】 URL | かりこ #-[ 編集]
↑top

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

↑top

トラックバック

↑top
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

かりこ

Author:かりこ
2005年の春に図書館で見つけた永沢先生の本がきっかけで泉教室に入門、自分の存在を主張する手段として絵が描けることに日々感謝しています。
時々、落ち込みますが Go ahead !
どうぞ見てくださいね

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

INFORMATIONS

管理者ページ
RSS1.0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。