水彩画の展示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/--(--) --:--:--

スケッチ日記 カッパ天国

Image1-16_edited-1.jpgCIMG0058.jpg


カッパ天国  2007/7 F8 ストラスモア


 栗林公園のも、カッパも遊んでる蓮の花、完成しました。
カッパのモデルはおっきょちゃんとかっぱ<文 長谷川摂子、絵  降矢 奈々>からです。

写真は、水底のお祭りにやってきた、おっきょちゃんが、魚の形の笛を買うのに、カッパのガータロウから、緑の小石をもらう場面です。

フロシキの中身は、きゅうりです

どのページも、水の中のカッパとおっきょちゃんの様子が、やわらかい色調で、とても美しく幻想的に描かれていて、懐かしい日本の夏を思い出させてくれる1冊です。

おっきょちゃんのように、水底のお祭りに行ってみたい方のために、当方では、ちゃんと絵の中に入り口を用意しました。

さて、それは ど・こ・に・あ・る・で・しょう・か?


色塗り前はこちらhttp://blog-imgs-12.fc2.com/s/h/i/shiba49/Image1-10_edited-1.jpg


スケッチ | トラックバック(0) | コメント(16) | 2007/07/26(Thu) 22:18:17

コメント

ナンダナンダナンダナンダナンダナンダナンダナンダナンダナンダこれは~~~~~~~~~~~~~~。誰も描いたことのない(描けない)絵が登場しましたよー。線描の時、「宗教じみてる」という気持ちがおこったのは間違いでなかったことがわかりました。極楽ってこんな感じでしょうか。
これはかりこさんが積み上げてきた経験の大きなひとつの飛躍、記念すべき金字塔的作品だと・・・・・・イヤーこのあと言葉になりません。香川にはこんな絵を描ける人がいるんです。独創性の極みですね。みなさん、どんどんコメントをお寄せください。
【2007/07/26 23:04】 URL | 香川のT #-[ 編集]
ヒャ~~~たのしーーー。
入り口に吸い込まれそう!

 塗ってるご本人も楽しかったですか?
【2007/07/26 23:22】 URL | zuzu #G1s7McUU[ 編集]
…とどまるところ知らずのかりこワールド!今度の絵もすごいっ!楽しような、危ういような、おだやかさんの「心臓ドキドキ」気分がわかったような気がします(^^) こんな人をひきつけるパワー、ないな~おれの絵には(>_<) 
【2007/07/27 06:41】 URL | たけもと #-[ 編集]
みーーーーっけ!!!(ハート)てか、すぐ目立ちます!!(笑)
水彩スケッチを通り越して何か独特なかりこさんの世界をもうつかんでしまった・・最近つくづく思います。誰だって入り口は同じでもそこから自分しか描けないものを描いてゆくことができる、と・・・
【2007/07/27 09:14】 URL | 泉 #d3xRQPUk[ 編集]
香川のTさん


宣伝、ありがとうございます。
確かに宗教じみてるかもしれません。
うれしい、楽しい、極楽浄土になりました。
ところで、栗林公園へはもう行ったんでしょうか。



zuzuさん

そうですか、楽しさを感じて頂けたなら大成功です。
 線描きのとき一番にコメントをもらったzuzuさんに真っ先にみてもらいたかったんです。

ヌリヌリも楽しかったですよ、最後の池の色にはズイブン悩みましたが、結局鳴門の渦潮 
ミドリ版になりました。



竹ちゃん

絵は、人それぞれですから、竹ちゃんの絵には竹ちゃんの個性が光ってると思います.

他人の絵なんかきにしないで、どんどん描きたいものを描いて、竹ちゃんワールドを突き進もうって、永沢先生なら言うと思うよ。





泉先生

見つかりましたかぁ、

竹ちゃんのコメントを書いてて思いましたが、絵の見方もそれぞれなので、
改めて絵を見てみると、あちこちに入り口らしきものが見えます。
みなさん、気に入った入り口から、入ればいいですね。

このごろ風景画を描いても、風景画にならない自分の絵に気がつき始めました。







【2007/07/27 13:06】 URL | かりこ #-[ 編集]
ハートなの?え?入り口は井戸か?スイカか?きゅうりをお土産に?とか思ってて探せなかったわ(この絵本持ってるわ~)いやーこんなふうに河童とか鯉をいれるなんて。思いつかない。すごいの一言です。
【2007/07/27 13:45】 URL | あこです #-[ 編集]
あこさん


わぁ~い、やっぱりこの絵本持ってる人いたんだ、うれしいな、この絵本大好きなんです。
鯉は公園の池で泳いでたので、背景を池にした時点で、入れようと思ってました。
 zuzuさんが喜んでくれたので、ほんじゃ、カッパも入れたらと、思いつき、
かっぱの絵本ならあの本だと、思った次第です。
 水の流れの色がなんとも言えずステキです。暗い色を使ってるのに濁らない
で、透明感にあふれてます。
あこさんの絵もそうですね。
【2007/07/27 19:49】 URL | かりこ #-[ 編集]
昔話や民話、童謡なんかはその地方の歴史を後世に伝えるものが多かったらしい。地方の伝統行事や民話、童謡を継承する人が少なくなり、減ってきているそうです。残念なことです
【2007/07/27 21:18】 URL | 夜櫻銀次 #-[ 編集]
○「このごろ風景画を描いても、風景画にならない自分の絵に気がつきはじめました。」くふっ、そうですか~そうですよ~これは何画というんでしょうね。かりこさんのハートが込められている絵!風景画だけでは納まらない、どうしても後から後から、むくむくと想像力が働いて、それを描いてしまう。ハート画!ところで、そのハート型の入り口が私にはみつけられません・・・。私にはハートがない・・。あ~分かった!私の絵にはハートが足りないんだ!な~んて。○きっと、かりこさんは河童を描かれると思っていましたよ。でも赤い河童とは思いませんでした。そして池の色が緑とは!緑と赤!コワイ!なんか~絶好調ですよ~、かりこさん!ただただ圧倒されます。原画が早く見たいなあ~。
【2007/07/27 23:04】 URL | おだやか #-[ 編集]
昨晩、
「ちょっと来て~~!!またかりこさんが~~!!」
と、パソコンの前にヒラさんを呼び寄せてしまいましたよ(笑)
ごぉぉ~~っ渦巻いてるで~~すごい~~
ひぇぇ~~この穴には入りたくない~~なんか怖い~~
夜中に二人ではしゃぎまくりのdeniz家でした。
【2007/07/27 23:15】 URL | deniz #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2007/07/27 23:44】 | #[ 編集]
夜桜銀次さん

『河童のクゥと夏休み』の映画、今やってますね、
絵本のガータロウとは全然にてませんが・・・・、今日の四国新聞にクゥの言葉が載ってました。

『父ちゃんが言ってた、人間は道や地べたをおれたちから奪い、そのうち風や神様の居場所まで自分達のものにしちまう、それとひきかえに魂をなくしてしまうだろう、って』
【2007/07/28 17:41】 URL | かりこ #-[ 編集]
かりこさ~ん!カードをありがとうございました~。打ち上げ会でいただきました。ところでね~、実はね~、私ね~、キャー!先生の原画を獲得いたしました!も~びっくり~!こういうの全然当たらない人なのに~、うわっ~うわっ~うわっ~ってうれしいな~♪まずはご報告まで~。後、香川のTさんに私が誰かバレました~♪今夜はルンルンなので~す♪後、おおしたさんのおしゃれなスケッチの展示も見に行きました~♪それでは、おやすみなさい~♪
【2007/07/28 22:25】 URL | おだやか #-[ 編集]
おだやかな人生さん

わぁ~い、いいな、いいな。
どんな原画が当たったんでしょうか
良かったですね。
池の色はみどり色にして、カッパを赤色にしたのは大正解でしたね、

ちなみにカッパの髪の毛も悩みましたが、ほんの少量なので、緑のガッシュを使っています。

【2007/07/28 22:58】 URL | かりこ #-[ 編集]
denizさん

ヒラさんにも喜んでもらえて、うれしいです。お元気かしら?

最初はホンの池の波紋のつもりだったんですが、塗ってるうちに、え~い、いっそのこと、全部渦潮にしちゃえと、思い、グルグル模様を描き入れました。

いつものことですが、描いてるうちに、塗ってる内に、ひらめきます。失敗に終わることも多々ありますが・・・・、
【2007/07/28 23:05】 URL | かりこ #-[ 編集]
はじめまして、魔女メグです。
朝早くから箒で散歩がすきなの、過去へもいけますしね^^。
この蓮の絵見てたら、描きたい!って思いました。
心熱くなります、ありがとうございます!
【2010/11/25 07:02】 URL | 魔女メグ  #FhqeNpQ.[ 編集]
↑top

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

↑top

トラックバック

↑top
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

かりこ

Author:かりこ
2005年の春に図書館で見つけた永沢先生の本がきっかけで泉教室に入門、自分の存在を主張する手段として絵が描けることに日々感謝しています。
時々、落ち込みますが Go ahead !
どうぞ見てくださいね

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

INFORMATIONS

管理者ページ
RSS1.0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。