水彩画の展示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/--(--) --:--:--

スケッチ日記 Roses Tea の窓辺 (色つき)と船越 桂氏の彫刻

Image1-36_edited-1.jpg

Image1-37_edited-1.jpgImage1-38_edited-1.jpgImage1-39.jpg


Roses Tea の窓辺 (色つき)と船越 桂氏の彫刻

  2007/10 F6 WF

ゆっくりスケッチさせてもらったので、丁寧に塗りました。
ステキな窓辺が出来上がったと思います。

このブログを見た友人から<ここどこにあるの、行ってみたいわ~>;という感想が多数寄せられたので、ママさんお手製の、裏に地図が載ってる名刺を配りました。
おいしいケーキとお茶が待ってます。


下の絵はママさんにお借りした船越桂氏の画集からです。
2003年に高松市立美術館で、展覧会が開かれたようで、行かれた方も多いのではないかと思います。

ニコラスケイジに似てるユーモラスで、リアルなおじさん、題は、<夏のシャワー>

キリリとした顔立ちの若い女性、題は<羽の門>とそのドローイング
目は大理石で、楠に彩色を施してあるそうです。

倉敷のフェリシテでポスターは見たことがあったのですが、実物の彫刻を写真でまじかに見たのは初めてでしたが、すごくきれいで、素敵です。



スケッチ | トラックバック(0) | コメント(2) | 2007/10/23(Tue) 12:45:08

コメント

かりこさん、今日、両親をつれて2回目の訪問に行ってきましたよ。
最初、スケッチするつもりで入ったのですが、やはり、あのアンティークに溢れた中を見た瞬間、「これはむりだ」と即座に諦めました。今度、よほど腹をきめて出かけなければ無理だと思いました。
でも、ママさんにはかりこさんのフェリシティーの絵やカードをみせてもらい、程よくうちとけることができました。あとは、植物や花好きのお袋がママさんと喋りっぱなし。オヤジは横でただただボーっと座っているだけでした。
お店の外の植物のところなら、入ってくるお客さんの邪魔にならなければスケッチしてもいいそうです。まー、あまりお客さんも多くないので中でのスケッチも可能だとおっしゃっていました。場合によれば、特別野外も可能かもしれません。敷地としては小さいですが、「特別野外」としての設定にも耐えられる喫茶ですからね。いやー、人数を考えれば無理かなー?。でも、10数名が紅茶とシホンケーキを食べることを考えれば、時間をくぎった「貸し切り」は、お店にとっても得かもしれませんねー。これはいけるかもしれませんよ。いずれにせよ、一度先生に下見に来ていただいてみればと思っていますがどうでしょうか。また、かりこさんも考えといてくださいね。
では~。
【2007/10/28 20:13】 URL | たかしくん #-[ 編集]
たかしくん

ご両親をお連れしたんですね。
えらいっ!
うちの息子も見習って欲しいぃ!

花好きのお母様、ママさんと話が話が弾んで、さぞ喜んだことでしょう。
お父様には、退屈だったのかもしれませんね。

おだやかさんが、えりさんと、鞆の浦が済んだら、ぜひお邪魔したいといってました。
彼女は、東京で、永沢先生に刺激をたくさんもらったのでしょうか、あちこちと積極的に出かけてスケッチしてるみたいですよ。
負けられませんねぇ。


【2007/10/29 17:28】 URL | かりこ #-[ 編集]
↑top

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

↑top

トラックバック

↑top
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

かりこ

Author:かりこ
2005年の春に図書館で見つけた永沢先生の本がきっかけで泉教室に入門、自分の存在を主張する手段として絵が描けることに日々感謝しています。
時々、落ち込みますが Go ahead !
どうぞ見てくださいね

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

INFORMATIONS

管理者ページ
RSS1.0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。