水彩画の展示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/--(--) --:--:--

スケッチ日記 鞆の浦から ぐりぐらへ

CIMG0180.jpgImage1-45.jpg


鞆の浦からぐりぐらへ 2007/11/11


泉教室の特別野外で、鞆の浦へ行きました。

鞆の浦でのスケッチについては後日アップということで、今回は翌日に行った、福山美術館http://www.city.fukuyama.hiroshima.jp/fukuyama-museum/の写真をアップしています。


正面には近代的な彫刻、真っ赤な色が秋の空と木々の緑に映えてとても美しい庭園美術館です。

玄関前で右を見ると、福山城と紅葉を題材に、水彩画教室の真っ最中、思わず近寄って、見学です。

おやっ、前方に、たかしくんが・・・・と、思いましたが、よく見ると別人でした。彼は今頃尾道のはずですからね。

反対側を見ると、zuzuさんの言った通り、そびえ立つ壮麗なゴシック建築の教会、昨晩はライトアップされてて、とてもきれいでした。後ろにあるマンションがせっかくの景観を台無しにしてるようです。



ぐりぐらなかまたち 山脇百合子絵本原画展は今日が最終日とあって、家族連れや、中高年の女性たちで、大盛況です。

ぼくらの名前はぐりとぐら
この世で一番すきなのは
お料理すること
食べること
ぐりぐらぐりぐら
の一節で有名です。

彼女の絵本では、ぐりとぐらが森で拾った大きな卵からカステラを作る分と、<ゆうこのキャベツぼうし>の絵本を持っていますが、シンプルで、ほのぼのしてて、ほっこりした気分にさせてくれる絵です。


原画をよく見たら、丁寧にペン書きした上に、水彩絵の具(ガッシュかもしれない)で美しい色を塗っています。所々、色鉛筆も使ってるようでした。


絵本に登場する動物は必ず写生しているそうで、実物を見ないと描けないので、<ゆうこのキャベツぼうし>の時には青虫が青くなるほどキャベツを食べたという話をよんで、ますます彼女の絵が好きになりました。




スケッチ | トラックバック(0) | コメント(10) | 2007/11/12(Mon) 16:44:00

コメント

料理を作るのは苦手ですが酒を飲むことと料理を食べることは大好きです。食が細くなって、後何年(20年ぐらいかな?)食べれるかわからないので若い時よりも食を大切に思うようになりました。
【2007/11/12 21:08】 URL | 夜櫻銀次 #-[ 編集]
夜櫻銀次さん

20年なんて短すぎると思いますよ。

若い時よりも食を大切に思うというのは私も同感です。
やはり毎日の食事がそのまま人間の体を形成しているので、ランナーにとって、何を食べるか、どんな料理にするかは
走りに直結していると思います。

ということで、denizuさんの影響を受けて、今日から玄米100%ご飯です。
【2007/11/13 00:10】 URL | かりこ #-[ 編集]
野外お疲れ様でした!石畳に腰をおろして数時間、またまた傑作が生まれたことだと思います・・・^0^
ぐりぐら私も小さい頃から大好き!「そらいろの種」も好きー。へー青虫が青くなるまで・・・とことんこだわってこその作品が評価されて当然ですね!
明日から旅ですが、また珍道中になりそうな予感なのでした・・
【2007/11/13 08:37】 URL | 泉 #d3xRQPUk[ 編集]
泉先生


そらいろの種、
読んだ事無かったのですが、今回美術館の展示で初めてみました。一番最初に展示してましたよ。

きつねと、取替えっこしたそらいろの種から生まれた小さな家が、水をやると、ドンドン大きくなる話、おもしろいですよねぇ
予想も付かない結末も意外で、風刺が効いています。

読んでないのもたくさんあったので、これから図書館で見て、気に入ったのは買い揃えようかと考えてます。
将来の孫の為?いえいえ、自分へのごほうびです。
【2007/11/13 09:20】 URL | かりこ #-[ 編集]
男の子なので(笑)、ぐりぐらは見たことないけど、原画って力ありますよね。全然ジャンルは違うけど、先日鳥取県の北栄町にある名探偵コナン作者の「青山剛昌ふるさと館」に案内されていきました。正直全然興味がなかったんだけど、カラー刷りようの原画がすごくきれいで、それはもう食いつくように見てしまいました(^^ゞ
【2007/11/14 00:13】 URL | たけもと #-[ 編集]
写真で見るとやっぱり福山美術館って不思議な空間だなあって思います。
 次の時には博物館もどうぞ!!
それから、福山には自動車博物館もあるよ。これはたけもとさんに言わなくちゃ。
 で、ぐりとぐら、描いてある紙が、模造紙のような感じだったんだけど、そう思いませんでしたか?
【2007/11/14 09:56】 URL | zuzu #-[ 編集]
zuzuさん

今回の旅で、鞆の浦と、福山美術館の大ファンになりました。
12月22日から始まる三沢厚彦さんの動物の彫刻展http://event.yomiuri.co.jp/jaam/shows/s_026.cfm
も、おもしろそうなので、鞆の浦と、セットで、3月までにぜひ行きたいと思ってます。
模造紙の件ですが、すみません。
色のと線にばかり目がいってて、材質にまで考えが及びませんでした。

飯野和好さんの絵本原画展にも行きましたが、あんまりいい紙は使ってないように思いました。

【2007/11/15 12:52】 URL | かりこ #-[ 編集]
たけちゃん



名探偵コナン、ストーリーがおもしろいので、時々見てますが、大人でも楽しめる漫画の一つですね。

zuzuさんのところで紹介した三沢さんの彫刻展、
男の子(笑)もこれなら行きたくなるんじゃないでしょうか。

【2007/11/15 12:58】 URL | かりこ #-[ 編集]
ぐりとぐらの絵、あったかーい、いい絵ですねー。僕も見に行っていればよかったなと思いました。今度本屋で絵本を探してみます。
僕は次の2日間、尾道におりました。小さな町ですが、路地の坂が迷路になって、どこを歩いても絵になるような古い
民家ばかりでしたが、僕がスケッチするスタイルは今、花を前景にしたものが多く(完全に永沢先生の影響です)、とにかく「花、花・・・」と探し回ったものの、どこにもないんですよ。歩いて歩いてへとへと状態でやっとエンジェルトランペット(?)をみつけ、それを前景にした絵を描き、つぎの日は小さな白い花と石のかわいい観音様を見つけそれを前景にしたものを描きました。計F10サイズ2枚のみ。プチ地獄のような2日間でした。偶然、招き猫美術館も発見しましたよ。あそこの一角は他にも変わったお店がこじんまりと集まっていて楽しいですね。お寺ばかりだとちょっとつまんないですよね。こんどは花の季節に青春18きっぷで行ってみようと思っています。
では、今度会うときはバリ焼けしてからですね。忘年会には行けませんのでみなさんによろしくね。
【2007/11/15 23:24】 URL | たかしくん #-[ 編集]
たかしくん

今回F10が3枚で、すごくいです。
。朝早くからマリンライナーに乗ったかいがありましたね。
色塗りが大変そうですがバリに向けて、れんしゅうが出来てよかったですね。

バリ焼け、うらやましいです。元気で行って来てね~
【2007/11/19 17:45】 URL | かりこ #-[ 編集]
↑top

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

↑top

トラックバック

↑top
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

かりこ

Author:かりこ
2005年の春に図書館で見つけた永沢先生の本がきっかけで泉教室に入門、自分の存在を主張する手段として絵が描けることに日々感謝しています。
時々、落ち込みますが Go ahead !
どうぞ見てくださいね

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

INFORMATIONS

管理者ページ
RSS1.0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。