水彩画の展示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/--(--) --:--:--

玄米弁当 イン 阿倍野

20071111.jpgCIMG0211_edited-1.jpgCIMG0212.jpg


玄米弁当 イン 阿倍野

倉敷でのスケッチ教室の後、一路、大阪へ、向かいました。

スケッチ仲間のdenizさんの描いた絵がポスターになった、ドイツクリスマスマーケットで、ホットワインやソーセージをほおばりながら、イルミネーションや、クリスマスグッズを見て回った翌日、
玄米食にとりくんでいる、denizuさんお薦めの玄米弁当屋さんの米day№1(こめでぃなんばーわんhttp://www.komeday.com/
に行ってきました。

残念ながら日曜日は、休みだったので、翌日に再チャレンジ、昼過ぎに到着したときには全部売り切れでしたが、朝予約の電話を入れてたので、ホカホカの玄米を入れてもらって、無事ゲットできました。

おかずは左上から、ソーセージもどきのソーセージと柿、野菜のマヨネーズ和え、野菜の掻き揚げ しめじのあんかけ、大根の炊いたの、りんご、車麩のフライ(これが食べたかったんだ)、チンゲン菜の鶏肉もどきあえ、たぶん小松菜スパゲッティ、です。


車麩のフライは、あっさりしたかきのフライを食べてる感じでおいしかったです。
で、家でもつくってみようと、お土産に車麩を買いました。


玄米食に替えてから快調です。

みなさんもいかがでしょうか


徒然日記 | トラックバック(0) | コメント(8) | 2007/12/13(Thu) 12:58:29

コメント

車麩という麩の揚げ物 まだ食したことないので 実感が ???
はたして おいしいのかしら ???
【2007/12/13 18:11】 URL | よっとすきー #-[ 編集]
すっごい~今度は大阪にとんだのね。
我が家では車麩をとんかつよといってもなにをいよんじゃという結末でした。一つか二つだったらだませたかもね・・・私も玄米おにぎりを冷凍して一人食べてますが体調は変わらず~です・・・。
【2007/12/13 23:20】 URL | あこです #-[ 編集]
我が家はずっと玄米食ですよ(^^♪ 自分でいうのも変ですが、どんだけ~ってくらいあちこち飛び回って、飲み続けても倒れないのは、玄米とマイナスイオン水があるからかもしれないですね。
ぼくは24日から大阪に行きます。ホテルもドイツクリスマスマーケット会場の近く(たぶん)にとったので、思う存分楽しんできます!なんとかポスターをかっぱらって…いや、いただいて帰ろうと思案中です(^^)
【2007/12/14 07:41】 URL | たけもと #-[ 編集]
ヨットスキーさん

フライの衣の香ばしさと、トンカツソースの味で、フライを食べたような気になります。
とんかつが大好きな方は騙されないでしょうね。




あこさん

玄米食の分野でも先達だったのですね。
敬服いたします。
小松菜パン生活でも解消しなかった持病がスッキリです。
小松菜ライフでは否定されてた、豆とか芋とか根菜類が食べられるので幸せです。
こっちの方が結局体に合ってたんでしょうね。
【2007/12/14 18:20】 URL | かりこ #-[ 編集]
たけちゃん

ええっ~!たけちゃんもなんですか?
イッシーさんが玄米おにぎりを、持ち歩いてるのは知ってましたが、
みんな 健康に気をつかってるんですね。
恐れ入ってございます。

ドイツクリスマスマーケットではホットワインがおいしかったです。
体があったまり、陽気になって、頭がクラクラになりました。
カップにも彼女の絵がプリントされてますよ。

【2007/12/14 18:28】 URL | かりこ #-[ 編集]
おかえりなさい~~~♪私も行ってきました~~ あ!たけちゃん、ポスターはDenizさんからもらってるので送りますよ~^0^みんな健康に気をつけていて素晴らしいな・・・!!!
【2007/12/19 08:43】 URL | 泉 #d3xRQPUk[ 編集]
できばえはどうだったのでしょうか…家での車麩フライ、、、
 
【2007/12/22 17:40】 URL | さぬきのトトロ #-[ 編集]
さぬきのととろさん

味噌汁に、戻さないで、そのまま入れたんですが・・・・・・
確かに弾力はありましたが、味がありませんでした。

フライはまだ未確認です。
【2007/12/25 16:59】 URL | かりこ #-[ 編集]
↑top

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

↑top

トラックバック

↑top
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

かりこ

Author:かりこ
2005年の春に図書館で見つけた永沢先生の本がきっかけで泉教室に入門、自分の存在を主張する手段として絵が描けることに日々感謝しています。
時々、落ち込みますが Go ahead !
どうぞ見てくださいね

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

INFORMATIONS

管理者ページ
RSS1.0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。