水彩画の展示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/--(--) --:--:--

フェリシテの夏 アンティークレースの思い出

Image1-95_edited-1.jpg


2008/7/12 F8WF


珍しく 1週間で色塗りを仕上げました。


外は連日の猛暑なので、とにかく暑苦しくない、涼しい色彩に、しようと努力しました。


なので、青系統の色をたくさん使ってます。



テーブルの奥の壁は、実際には木の 縦格子が入っていたのですが、きつくなると思ったので、雰囲気のあるアンティークレースが飾られていた壁と、入れ替えてます。


手前のかんざしや、ミニアイロンを目立たせたかったので、壁には更に、影をつけてみました。



昔のあの娘との楽しい思い出にふける古いレースという設定です。



年季の入ったアイロンで暑くなった方も、アンティークレースで涼んでいただけたら幸いです。

スケッチ | トラックバック(0) | コメント(2) | 2008/07/18(Fri) 18:26:02

コメント

すいません、私は壁の古いレースが一番に目に飛び込んできます。「昔のあの娘との楽しい・・・」と言われるとますますどんな思い出なんだろう?と思いを巡らしてしまいます。な~んてね。(笑)壁と格子戸との交換は賛成ですよ!色塗り、早いですね!
思い切ってブルーですか。う~ん、想定外でした。そうですか、ブルーですか。ステキです!!かんざしも素敵!アイロンの色も好きだな~。
でも、外を歩く人はやっぱ私がよかったみたい(笑)くくくっ。
【2008/07/19 17:36】 URL | おだやか #-[ 編集]
おだやかさん

 外は炎天下だけど、フェリシテの中はとても涼しい、異次元の世界という感じにしたかったのです。

わたしも、アイロンは、ことのほかうまく塗れたと自負しております。

 モデルは今度またお願いしたいと思います。 

去年の夏か、その前の年に見たおだやかさんの浴衣姿 とってもステキでした。

さてさて今度は南京にとりかからねば、でも あついよぉ~ぉぉぉ
【2008/07/21 11:35】 URL | かりこ #-[ 編集]
↑top

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

↑top

トラックバック

↑top
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

かりこ

Author:かりこ
2005年の春に図書館で見つけた永沢先生の本がきっかけで泉教室に入門、自分の存在を主張する手段として絵が描けることに日々感謝しています。
時々、落ち込みますが Go ahead !
どうぞ見てくださいね

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

INFORMATIONS

管理者ページ
RSS1.0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。